益子舘

  • APAホテル
月別一覧

冬至「ゆず湯」でおもてなし


間もなく迎える「冬至」。今年は12月21日(金)です。

冬至は二十四気の一つで一年中で太陽が最も南に寄り、北半球では昼が最も短い日。この日を境に一日一日昼が長くなっていくので陰と陽が逆転する日などと言われることもあります。

冬至といえば「ゆず湯」。
当館では、2018年12月14日(金)~12月22日(土)8日間限定で露天風呂が、益子町の隣町「茂木町」名産のゆずを使った「ゆず湯」になります!

th_DSC_1356

「冬至にゆず湯に入ると風邪をひかない」という言葉がありますが、なぜ「ゆず」なのでしょうか。これには諸説あるようですが、翌日から陰と陽が逆転し太陽のエネルギーが強くなるというこの日に、香りの強いゆずを使い身を清めたという説があるそうです。寿命が長く病気に強いゆずの木にならって、ゆず湯に入ることで無病息災を祈ってきたのです。ゆず湯には、血行促進や身体をあたためる効果、ビタミンCの抗酸化効果や美肌効果があり、寒さが厳しくなるこの時期にはピッタリですね。この時期、キーンと冷えた空気の中で入る温かい温泉は格別です。さらにゆずの効果で身体が温まり疲労回復も期待できますので、ぜひゆっくりと露天風呂をご堪能ください。

また、お風呂だけではなくお食事でもゆずは様々な効果を発揮します。ゆずに含まれるクエン酸は疲労回復に効果的。酸性に傾き疲労感がたまった身体を回復してくれます。ゆずにはこのクエン酸がレモンの2倍含まれているそうですよ。また、風邪予防や美肌効果にはビタミンCが効果を発揮します。このビタミンCもレモンに比べ3倍含まれているそうです。

名称未設定-2

今回当館では、冬至にあわせて冬季限定「柚子づくし♪茂木名産の「ゆず」を使った里山ゆず鍋会席プラン」をご用意いたしました。ゆず湯にも使用する益子町の隣町「茂木町」名産のゆずと里山のお野菜、またこの時期旬を迎える河豚を使った「あったか、ゆず鍋」を、ゆず入りポンズでお召し上がりいただきます。また食前には「ゆず酒」もご用意させていただきます。

冬至を迎えたころ、寒さは一段と厳しくなり本格的な冬を迎えますが、昼間の時間はまた夏に向けてだんだんと長くなっていく転換の時。この時期に、ゆず湯で身を清め、ゆずの様々な栄養効果で身体を整えて、新しい一年を迎える準備をしてみてはいかがでしょうか。

ゆず湯は12月14日(金)~22日(土)までの期間限定となりますが、「柚子づくし♪茂木名産の「ゆず」を使った里山ゆず鍋会席プラン」は2月末まで実施しております。ゆず湯終了後も、ほかほかと身体が温まる温泉の湯で皆様をお待ち申し上げます。身体を整え、また元気に毎日を過ごすために、ゆっくりと里山でお過ごしください。

投稿日:2018/12/14 カテゴリー:益子舘ニュース

12月2日㈰ 女将とShine’sライブ


IMG_6249

IMG_6241IMG_6224IMG_6242

12月2日㈰ 20:15~ 女将とShine’sのライブでは、お席を増やしましたが、

立ち見の方もいらっしゃって申し訳ございませんでした。

皆様大変ノリのいいお客様ばかりで、メンバー一同感謝申し上げます。

1. 涙そうそう♬

2. お久しぶりね♬

3.  人生いろいろ♬

3. SWEET MWMORY ♪

4. 夢をあきらめないで♪

5. ほっとするね、益子舘♪(オリジナルソング)

 

投稿日:2018/12/04 カテゴリー:Shines

1 / 11