益子舘

いちご王国
  • 日本のホテル・旅館100選
月別一覧
空室検索

「とちぎ発!旅好き!」心からいやされる旅~益子町~


益子の魅力をお届け!とちぎテレビ「とちぎ発!旅好き!」

とちぎテレビにて2019年2月28日(木)に放送された
とちぎテレビ「とちぎ発!旅好き!」の映像が届きました!


この日のテーマは「心からいやされる旅~益子町~」
栃木県下野市出身の「ザ・たっち」が益子町を訪れ、陶芸の街ならではのアートやグルメ、温泉を味わいながら1泊2日の旅をします。




最初に登場するのは、陶芸家の「藤原郁三先生」
先生が手掛けた新しい益子の新名所「益子大仏」を紹介しています。
藤原先生は益子舘の露天風呂でもおなじみの邪鬼や寝枕を作っていただき、益子舘ともご縁のある陶芸家の先生なんですよ。大きな大仏の制作秘話、必見です。

この日は当館「益子舘里山リゾートホテル」にお泊りいただきました
「ザ・たっち」のおふたりが、笑いも交えつつ楽しく温泉や夜のお食事をご紹介くださっています。
この日のプランは「いちご狩りチケット付きプラン」で現在は実施していませんが、番組の中でご紹介した「地酒3種飲み比べセット」付きのプランは現在でもお楽しみいただけますのでぜひ参考にしてみてください。

二日目は朝から「吉村農園さん」でいちご狩り
栃木のいちごだけでなく全国の品種の食べ比べが出来るとても楽しいいちご農園さんです。
食べ比べると全然味が違うんです!プランにはありませんが、吉村農園さんは5月中旬まで営業されているとのことですので益子舘お泊りの後に出かけてみてはいかがでしょうか。

そして最後の訪れたのは「地酒3種飲み比べセット」でもお楽しみいただいた
益子の酒蔵「外池酒造」さん

益子ならではのお酒の楽しみ方を教えてくださいます。
飲む器によってお酒の味も違うんですって!ぜひチェックしてみてくださいね。

益子は日帰りでという方も多いかもしれませんが、今回の放送では1泊2日で益子を満喫するプランをザ・たっちのおふたりが紹介してくださいました。
益子ではいよいよ週末から「益子春の陶器市」も開催されとても賑やかになるシーズンの到来です。
この季節は春の温かな空気の中、日に日に増えていく緑も楽しめます。
ぜひ心から癒される町、益子へお越しくださいませ。


画像2

投稿日:2019/04/25 カテゴリー:益子舘ニュース

コンセプト和室「朝靄・朱華」がオープン!


新しい時代の始まりに、「益子の森と芸術に包まれる」コンセプト和室「朝靄・朱華」がオープン!

元号も変わり新しい時代の始まりを感じさせる春の大型連休を前に、
「益子の森」×「益子の芸術」をコンセプトにした
特別和室「Artistic room」がオープンします。


益子の町が大いに賑わう春の益子陶器市を前に、和室として使われていたお部屋をリニューアル。
里山の朝をイメージした客室「朝靄(ASAMOYA)」、益子焼には欠かせない益子の7つの釉薬をイメージした客室「朱華(HANEZU)」(部屋の名前は仮称)として、2部屋が今までの益子舘にはなかったモダンで新しいお部屋に生まれ変わります。

パース図1
パース図2

現在5月オープンにむけて急ピッチでリニューアルを進めています。
スタッフも早く全貌をお見せしたいとワクワクしています。
壁紙の色からも緑や花々の華やかなさ、朝焼けや夕焼けなど里山の豊かな自然が織りなす風景が感じられ完成が楽しみです。

image1s
image3s (リニューアル工事の様子)

今回、リニューアルオープンプランとして通常価格から1名あたり4,000円OFFの16,000円(税抜)にてお泊りいただけるプランをご用意いたしました。
また、こちらのプランではご夕食を個室のお食事処「凛」「滴」に優先的にご招待させていただきます。個室でゆったりと「那須野ヶ原牛」のお料理がメインの里山会席をごゆるりとお召し上がりください。
この機会に「益子の森と芸術に包まれる」をコンセプトのもと新しくなる二つの特別和室をお試しいただき、初夏の益子で、今までの和室にはなかった新しい楽しみ方を満喫してください。


今後もホームページ、facebookなどでお部屋のご紹介をしてまいりますのでぜひチェックしてくださいね。


◆リニューアルオープンプラン◆
【新装オープン記念★4000円引】益子の森と芸術に包まれるコンセプト和室「朝靄・朱華」《1日2部屋限定》


お問い合わせは益子舘まで。

投稿日:2019/04/05 カテゴリー:益子舘ニュース

益子の桜スポット、水芭蕉群生地 ~円道寺池~


益子にも桜の季節がやってきました!

南から北上してきた春の便りも益子に届き始め、山々が少しずつ色付いてきています。

001

新元号も「令和」と決まり新しい時代が始まる気分が高まる今、これから益子の町内でも美しい桜や菜の花など春を感じられる季節の花が楽しめるようになります。
ぽかぽかと過ごしやすい気候の中、ハイキング気分で楽しむもよし、ゆっくりとその場で花々を愛でるもよし。桜前線を追いかけながら平成最後の春を満喫してみてはいかがでしょうか。

益子にあるたくさんのお花見スポットの中から
今回は益子の桜のスポット、円道寺池の様子をご紹介。


002

撮影は3月27日。円道寺池の様子。益子焼窯元共販センター第2駐車場の脇に並ぶ桜を見ながらさらに奥に歩みを進めると菜の花畑や小高い丘に広がる桜たちが見えてきます。
こちらの「大漁桜」は早咲きで町内でも一番早くお花見を楽しめる桜。
色の濃いピンク色の桜はピークを若干過ぎてきているとのことですが、まだまだ楽しめます。これからの菜の花の見ごろと合わせてお楽しみ下さい。

006

こちらの円道寺池周辺の桜は2013年より「益子町里山整備事業」を目的として地元の自治会やボランティアの方々、益子花の会の皆様の活動により整備されています。多数植えられている「大漁桜」は花の色が鯛の色に似ているのでこの名前がつけられたと言われています。

桜を楽しみながらゆったりと歩いていくとその奥にとっておきの場所が!
円道寺池奥の水芭蕉群生地です。
そこには白く美しい水芭蕉の花がひっそりと咲いています。

004

水芭蕉の花というと「夏の思い出」の歌で有名で「夏の花」と思われている方もいるかもしれませんが、歌の舞台になっているのは標高の高い尾瀬。尾瀬では雪解け時期の6月上旬ごろ咲きますが、実は春の花のようです。
円道寺池を水芭蕉群生地の看板をたよりに右手奥に進んでいくと木陰の少し暗い場所に透明感のある白い花が突然あらわれます。静かに咲いていて、桜や菜の花とはまた趣の違う春の形がそこにはあり、白と緑のコントラストがとてもきれいです。
群生地は奥まで進んでいくことができます。いろいろな表情の水芭蕉がありますので、お足元に気を付けて水芭蕉が咲く群生地のひっそりとした雰囲気を楽しんで下さい。


005

円道寺池には益子町城内坂の中心、共販センターから歩いても行かれる距離ですので陽気のいい日にぜひハイキング気分で訪れてください。丘に添うように奥に進んでいくと一気に「里山」らしい風景に囲まれ清々しい気分になりますよ。

このほかにも益子には、枝垂桜のある光明寺や、安善寺、小宅古墳群、陶芸メッセ・益子、益子の森など桜の名所がたくさんあります。
この時期にしか味わえない風景を里山の自然と共にお楽しみ下さい。

~観光協会によると3月31日現在の開花情報は以下の通り~

★光明寺★ 益子町山本1146 益子駅より約7km
見ごたえのある枝垂桜の光明寺は、現在3~4割程度の咲き具合となっております。
★安善寺★ 益子町大平202 益子駅より約8.7km
現在、3分咲き程度となっております。
★小宅古墳群★
菜の花は見ごろです。桜は、一部咲いています。全体的に、間もなく咲き始めそうです。
★陶芸メッセ・益子★ 益子町益子3021
東門付近が咲き始めました。遺跡広場付近はこれから咲き始めそうです。
★益子の森★
現在、咲きはじまりました。
★円道寺★ ※駐車場は益子焼窯元共販センター第2駐車場がご利用いただけます。
桜は、ピークを若干過ぎてしまっていますが、水芭蕉がとてもきれいに咲いています。

【益子観光協会HP】
http://blog.mashiko-kankou.org/staff/?p=14995

東京では満開を迎えた桜も、栃木県内ではやっと咲き始めたばかり。益子の桜の見ごろはこれからです。
このところまた寒さが戻ってきましたが週後半からは気温も高くお天気も続きそう。
里山のお花見を楽しみ、たくさん歩いたあとは、温泉でゆっくりと身体を休めその土地の食材を使ったお料理で癒しの時間を過ごし下さい。
観光協会のホームページなどでも開花の情報が掲載されていますので、ぜひチェックしてお出かけください。

投稿日:2019/04/02 カテゴリー:こんなとこましこ

シャインズ結成10周年記念ライブ開催!


シャインズ結成10周年記念ライブを開催します!

m_17s

2009年に結成した「SHINE’S(シャインズ)」が、2019年4月、平成の最後に10周年を迎えます!

益子舘の社員だけで結成したシャインズ。
ほとんどのメンバーが楽器未経験であるなど数々の苦難を乗り越え、お客様にもっと益子舘を楽しんでいただくためにと日々練習とステージを重ねてきました。
お客様からのリクエストソングを演奏したり、お客様にも生演奏で歌っていただくなど、年月を重ねながらお客様に育てていただき、嬉しいことに今年10周年を迎えます。


10年間のご愛顧に感謝の気持ちを込めて、
4月27日、平成最後の土曜の夜に「10周年記念ライブ」を行います。
益子春の陶器市初日のこの日、益子の町はとても賑わいます。
いままでのすべての「ありがとう」の気持ちを込めてスタッフ一同がお客様のために演奏いたします。
皆さま一緒に楽しみましょう!


m_05s
リクエスト曲がありましたらこっそりお寄せ下さい。すべてにお応えできるわけではございませんが、参考に選曲させていただきます。


◇シャインズ結成10周年記念ライプ◇
2019年4月27日(土)夜8時15分~
1階ロビーにて開催!

※宿泊のお客様はご自由にご参加下さい

投稿日:2019/03/29 カテゴリー:益子舘ニュース

益子春の周辺観光情報


花咲く春がやってきました!益子周辺の観光情報

3月になり次々と花の便りが聞こえてきました。
益子周辺にもこの時期から様々な場所で美しいお花を楽しめるスポットがたくさんあります。その季節だから見られるお花をその季節に楽しむ、贅沢な旅はいかがでしょうか。

003

まず紹介するのは益子町の新しい春のスポット「小宅(おやけ)古墳群」です。
益子舘から車で20分ほどの「亀岡八幡宮」にあるこの古墳群。35基の古墳で構成されるこの古墳群では、古墳ならではの隆起した丘が太陽の光を受け様々な表情を見せるお花見スポット。ソメイヨシノのほかにベニシダレ桜や山桜などもあり順番に見ごろを迎えます。菜の花も昨年はGW近くまで楽しむことができました。桜の便りが届いたらぜひ足を運んでいただきたい場所です。昨年の情報はこちらから→

002

またお隣の市貝町では、4月6日~5月6日まで「芝ざくらまつり」が行われます。
こちらはまるでピンクの絨毯。本州最大級の2.4ヘクタールの広さに、パッチワークのように咲き誇る白やピンク、紫などの芝ざくらが見られます。360度パノラマを楽しむことができる展望台からの眺めは圧巻。益子舘より車で40分ほど。こちらもぜひ足を運んでみてください。2017年の様子はこちらから→

他にも益子町のお隣の茂木町では仲春の季語とされる「ミツマタ」が楽しめる焼森山があります。
3月12日現在は3分咲きとのこと。焼森山から鶏足山までは変化に富んだ人気のハイキングコースになっています。遊歩道に階段や手すりが増設されとても歩きやすくなったとのことですので安心ですね。とても良い季節になりましたので黄色い「森の妖精」に会えるハイキングはいかがでしょうか。
◇開花情報などは茂木町観光協会のHPにてご確認ください。

益子からは少し離れますが近隣にはまだまだお花見スポットがたくさん。

足利のあしかがフラワーパークでは4月12日まで
「春の花まつり Spring Flower Festival 2019」を開催中

現在はチューリップやルピナスなど鮮やかな春色の花々が開花し始めているとのことです。4月13日からは「ふじのはな物語~大藤まつり2019~」も開催され4月20日(予定)からは夜のライトアップも行われます。花や木を通してそれぞれの季節を楽しめる素敵な場所です。益子観光の前後に足をのばしてみてください。
◇あしかがフラワーパークホームページ

隣県茨城県の水戸偕楽園では3月31日まで
120年もの歴史を持つ「水戸の梅まつり」が開催されています。

園内には約100品種3,000本もの梅が「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と順番に見ごろを迎えます。梅とひとくちに言っても花の香り・形・色などが異なり、見ていて様々な発見があります。3月8日の情報では偕楽園の開花は約84.4%。
今が見ごろです。
◇水戸の梅まつりの情報はこちらのホームページから

001

咲く花も様々で全部見たくなってしまいますね。

公共の交通機関で旅をお楽しみの方には益子舘提携のタクシー会社さんがご案内するタクシー観光のご紹介もしております。春の陶器市までの間にも見所はたくさん。
ぜひ春を楽しみにおでかけください。

投稿日:2019/03/14 カテゴリー:益子舘ニュース

タクシー観光のご案内(春)


益子からちょっと足をのばして…、タクシー観光のご案内

益子舘で温かい温泉や里山の恵みを堪能していただいたあとに、もう一歩足をのばして近隣の観光スポットを巡る旅はいかがでしょうか?
今回は、陶芸の町益子を観光したあとに、益子近隣や水戸、足利など少し遠くまでご案内するタクシー観光コースを紹介します。

益子の周辺には市貝の芝桜や水戸偕楽園の梅・足利フラワーパークの藤の花など、時期によりさまざまなお花を楽しめる場所や観光スポットがたくさんあります。
電車やバスなどを利用してゆったりとした旅をお楽しみの皆様を、益子舘と提携するタクシー会社さんがお好きな場所へご案内いたします。
公共の交通機関では訪れにくい場所にも行きやすく、旅の幅が広がります。

例えば2時間半~3時間の2万円コースでは、ミツマタ群生地で知られる焼森山や市貝町の芝桜など益子町近隣の観光地を回るコースを。
3時間~の3万円コースでは、もう少し足をのばして水戸偕楽園や足利フラワーパークなどへ。
どちらのコースも最後は観光場所の最寄りの駅までお送りいたしますので、その後の旅もスムースにお楽しみいただけます。ご案内するのは益子舘提携のタクシー会社さんなので安心です。

春おすすめコースの一例
【2万円コース】
・益子舘 ――― 焼森山(ミツマタ群生地・3月15日頃~) ――― 笠間 ――― 駅
・益子舘 ――― 市貝芝桜(4月中旬~) ――― 烏山和紙 ――― 駅

【3万円コース】
・益子舘 ――― 水戸偕楽園(梅まつり・3月31日まで) ――― 駅
・益子舘 ――― あしかがココファームワイナリー ――― 駅
・益子舘 ――― 足利フラワーパーク(藤まつり・4月13日~) ――― 駅
・益子舘 ――― 那珂湊おさかな市場 ――― 駅

※コースは一例です。コースについてはお気軽にご相談ください。最大4人まで。
 9人乗りのワゴン車もございます。ご相談ください。

事前予約が必要ですので、益子舘宿泊のご予定が決まりましたらお早めにお問合せください。
その時期やご予算にあわせたコース設定も可能です。

CCF_000217
 

【お問い合わせ】
新光タクシー有限会社
TEL:0285-72-7700
〒321-4217栃木県芳賀郡益子町大字益子1538
※益子舘宿泊日・ホームページを見た旨をお伝えいただくとスムースです。

投稿日:2019/03/14 カテゴリー:益子舘ニュース

第103回益子春の陶器市無料シャトルバスのご案内


陶器市会場までの無料シャトルバスのご案内

春の陶器市の季節がやってまいりました。 毎年、陶芸店の立ち並ぶ通りは多くの観光客で賑わいます。

今年も益子舘では陶器市期間中の4月27日(土)~5月6日(月・祝)、
ホテルから城内坂交差点(エネオス)間を無料シャトルバスで送迎運行致します。


益子舘送迎バス

【ホテル発】4便を運行(バス出発の時間です)
 9:00 10:00 15:00 16:00

【ホテルへのお帰り、城内坂交差点発】5便を運行(バス出発の時間です)
 9:10 10:10 15:10 16:10 17:10

お帰りのバスはガソリンスタンド内の空いているスペースで待機しております。
ホテルから、城内坂交差点間は送迎バスで5分程度です。
交通事情により多少ずれることがございますのでご了承くださいませ。


 

投稿日:2019/03/04 カテゴリー:益子舘ニュース

2月28日放送「とちぎ発!旅好き!」


ザ・たっちがご来館!2月28日放送【とちぎテレビ】とちぎ発!旅好き!

20190228放送とちぎテレビ

とちぎテレビにて2月28日(木)午後7時から放送される「とちぎ発!旅好き!」のテーマは「心からいやされる旅~益子町~」。あの下野市出身の「ザ・たっち」が益子町を訪れ、陶芸の街ならではのアートやグルメ、温泉を味わいながら1泊二日の旅をします。

1日目は、益子舘の露天風呂でも人気の邪鬼や寝湯を楽しむための湯枕を制作してくださいました「藤原郁三先生」が登場。先生が手掛けた益子の新名所「益子大仏」を訪れ、自らご紹介くださいます。夜は当館の「いちご狩りチケット付きプラン」でいちごの食べ比べや益子のお酒、里山の恵みをお楽しみいただき、温泉でゆっくりと癒しの時間を。
2日目は、いちご狩りプランでご好評いただいている「吉村農園」さんでのいちご狩りでいちごの食べ比べからスタート。その後は、当館の夕食でお楽しみいただいている益子の酒蔵「外池酒造」さんの見学という、益子を満喫する1泊二日の旅という内容になっています。


益子は日帰りでという方も多いかもしれませんが、1泊二日で益子を満喫するプランをザ・たっちのおふたりが紹介してくださいます。栃木県内以外でも放送されますので是非チェックして益子へお越しくださいませ。春の訪れを感じさせる里山の風景とあたたかいおもてなしでお待ちしております。

放送予定
【とちぎテレビ とちぎ発!旅好き!】
本放送 2月28日(木)よる7:00~7:30
再放送 3月2日(土)あさ9:00~9:30
再々放送 3月3日(日) ひる2:00~2:30

GTV(群馬テレビ)3月9日(土)11:30~12:00
TVS(テレ玉)3月5日(火)20:00~20:30
CTC(チバテレビ)3月3日(日)7:30~8:00
MXTV(東京MXテレビ)3月3日(日)17:30~18:00
KBS(京都)3月10日(日)9:30~10:00
SUN(サンテレビ・兵庫)3月6日(水)18:00~18:30
※ 各局の都合で、放送休止となる場合ありますので番組表などでご確認ください。

とちぎテレビHP 番組ページ
https://www.tochigi-tv.jp/program/?id=1001
※画像はとちぎテレビさんホームページよりお借りしております。

番組で紹介されるプラン等のお問い合わせは
益子舘里山リゾートホテルまで
TEL 0285-72-7777

投稿日:2019/02/25 カテゴリー:益子舘ニュース

第9回「益子の雛めぐり」


第9回となる「益子の雛めぐり」が、2月9日(土)より始まりました。

「益子の雛めぐり」は益子駅から城内坂~道祖土の他、益子町内を中心に開催され、今回で9回目。町内の女性有志による実行委員会が主催するのもで「見る・体験する・味わう・買う」をキーワードにひなまつりの3月3日(日)まで開催されます。

001

期間中は、町内参加店舗・施設74箇所にて陶雛、お碗雛、吊るし雛などのお雛様が飾られ、雛人形の展示、陶雛の販売、土雛・お碗雛のワークショップ、雛めぐり限定メニューなど雛祭りの雰囲気が味わえるいろいろな企画もある、陶芸の町益子ならではの雛めぐりです。

008

今年は陶雛や素焼きの土雛に新しい仲間が登場。その名も「お碗雛」です。
お茶碗の上に様々な模様やお顔が描かれたぐい飲みの乗る可愛いお雛様が、各雛めぐり会場でニコニコとお客様を迎えています。

002

オープニングとして「道の駅ましこ」に飾れたのは、段飾りの「お碗雛」。
美しい模様や形のお茶碗の上に可愛らしいお顔の描かれたぐい飲みが置かれ雛人形として飾られています。道の駅ましこに来られたお客様も「これかわいいね」「うちでもやってみるか」と写真を撮られたり、どうなっているんだろうと手に取って見ていました。「お碗雛」は道の駅ましこのみで購入できるそうですよ。3月3日に向けてお家に飾ってみてはいかがでしょうか。


期間中はスタンプラリーも行われていて、抽選でこの「お碗雛」が当たるそうです。
今回のスタンプラリーはスタンプ1個でも応募可能。ぜひ参加してみてください。


003

さて今回はまず昔ながらの雛人形が並ぶ陶芸メッセ・益子内の旧濱田邸と益子駅に足を運んでみました。

004

益子町ゆかりの陶芸家・濱田庄司の母屋と別邸の2か所には、益子町に寄付されたお雛様飾りがずらりと並び、その姿は圧巻です。古民家に並ぶたくさんの雛人形はその時代に戻ったようで生き生きとしながらも静かにそこでたくさんの方を迎えていました。

005

11年前からボランティアによって毎年飾られているのは益子駅の階段を利用した雛飾り。一番上のお雛様とお内裏様のお顔が見えないくらい上の方まで飾られる雛飾りはこちらも圧巻です。まわりには小学生が折り紙や千代紙で作った吊るし雛も飾られていてとても色彩豊かな空間となっていました。

006

「益子の雛めぐり」期間中は、もちろん益子町の町中でも雛めぐりが楽しめます。
各店趣向を凝らした雛祭りの飾り付けをされていたり、陶器でできたお雛様の展示や販売も行われています。陶器のお雛様は姿かたちも様々で、探せばきっとお気に入りに出会います。掌に乗るくらいのお雛様も多く陶器で出来たお雛様は虫食いなどの心配もないので気軽に飾れそう。
代々飾られているお雛様のそばに飾ったり、もし娘さんに譲ってしまって今はないというお宅に飾ってみたり、陶器の雛人形で3月までのこの季節を楽しんでみてはいかがでしょうか。


007

以前取材させていただいた「ほっとるーむけやき」を含む「やまに」5店舗では雛めぐり協賛企画「さくらさく展」が開催されています。
「やまにさんちの益子ラスク」ではほんのり桜の香りのする「咲くラスク」、「ほっとるーむけやき」では桜の香りのふんわりロールケーキ「さくら咲くケーキ」、カレーキッチンyamaniでは桜色のランチ「さくらランチ」が楽しめます。また、「やまに大塚」2階のギャラリー緑陶里では人気画家によるシルクスクリーンや油絵を中心とした作品が、「クラフトやまに」のギャラリー暁では人気陶芸作家の桜をモチーフとした作品が展示されています。
いろいろなピンクの優しい色合いに一足早い春を感じられる展示となっています。


この期間の益子は他にも雛めぐり限定のランチメニューやスイーツが楽しめるお店など、春に向かうウキウキとした気分が味わえます。まだまだ寒い日と暖かい日が順番で訪れるような季節ではありますが、いちご狩りや雛めぐりで元気な益子の町。各店あたたかくしてお客様をお迎えしていますので、町歩きをしてはカフェや陶器のお店で一休みしながら冬から春へと向かう益子の町を楽しんでみてください。

009

3月2日(土)にはクロージングイベントとして「桃雛祭り」というイベントが行われます。
昨年はコンテスト形式でしたが今回はどなたでも参加自由。思い思いの雛祭りコスプレで城内坂を歩いてみてはいかがでしょうか。
入賞者には素敵な賞品が用意されているみたいですよ。
またこの日は「雛マルシェ」も開催されます。益子の人気の店が大集合。あたたかいお食事やドリンクを擁してお待ちしています。


また、今年も「きものでおさんぽ」として、なかなか着ることのできない「本場結城紬(小山市)」「足利銘仙」「真岡木綿」「益子流」の着物を着て楽しむ着物着付けレンタルのイベントも行われます。こちらは先着10名とのことですので、興味のある方は観光協会までお早めにお問合せください。

まだまだ寒い日は続きますが、「益子の雛めぐり」で早めの春を満喫して下さいね。



【第9回益子の雛めぐり】
日程:2019年2月9日(土)~3月3日(日)
場所:益子駅~益子本通り~城内坂~里山通り~道祖神他、益子町内各所
開催期間中は、雛めぐりマップがついた冊子を配布しています。是非手に入れて気になるスポットをまわって下さいね。

お問合せは
益子の雛めぐり実行委員会(益子町観光協会)
電話 0285-70-1120
facebookページ https://www.facebook.com/mashikonohinameguri/



益子舘 里山リゾートホテルでは「益子の雛めぐり」にあわせて期間限定【雛ご膳プラン】をご用意いたしました。心をこめたお料理とあたたかな温泉でゆっくりと春を待つ静かな時間をご堪能くださいませ。

投稿日:2019/02/12 カテゴリー:こんなとこましこ

謹賀新年 2019


 

IMG_6317

IMG_6307IMG_6312IMG_6311

明けましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、

誠にありがとうございました。

本年も一層のサービス向上を目指し、

スタッフ一同、誠心誠意努めてまいります。

何卒本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます。

                    平成31年 元旦

 

投稿日:2019/01/09 カテゴリー:スタッフブログ

3 / 3123
益子舘LINE