益子舘

栃木本物の出会い
  • APAホテル
益子舘ニュース

出会いが楽しい「益子さんぽ市」


出会いが楽しい「益子さんぽ市」

9月真ん中、里山に秋が感じられるようになった三連休、第9回目となる「益子さんぽ市」が行われました。「益子さんぽ市」は全国各地から120店が参加するクラフトフェアで、今年も陶器や革、布小物や木工、金属やアクセサリーなどなどたくさんの作家さんや飲食店が出店していました。モノとヒトとのふれあいと音楽が楽しめる3日間になりました。

001

町長も駐車場でお客様をお出迎えをしていた初日は台風の進路も気になる曇り空。それでもこのイベントを楽しみにしていたお客さんで賑わい、10時のスタート前からお買い物や作家さんとのおしゃべりが始まっていました。メインステージでは、益子町の大塚町長の挨拶から始まり、当館の女将も益子町議会議員・観光協会副理事としてみなさんの前でご挨拶させて頂きました。毎週土曜日には益子舘でドラムを叩いて歌っている女将だけあって、心を元気にする音楽とともに作家さんとのおしゃべりや飲食・ワークショップなど楽しんでいただきたいとのお話でした。

009

さて今年の「益子さんぽ市」ですが、去年訪れた時はお店を見てまわるのが主だったので、今回は「わくわくワークショップ通り」でいろいろなワークショップを体験してみました。

この「わくわくワークショップ通り」には作家さんの作品の販売とともにワークショップが出来るコーナーが設けられていて、子供でも楽しめるものもたくさんありました。金工・革・木工・キャンドル・布・衣類・アクセサリーなどなど様々なワークショップに参加することができます。実際に体験した中で二つほどご紹介しますね。

003

これは木の形になっている大きな大きな松ぼっくりにカラフルなボールを貼り付けていくもの。奈良県から出店の「遊木民」さんで行われていたワークショップです。和歌山県の串本町に大きな松ぼっくりが出来る松があり、そこまで拾いに行ってひとつひとつ乾かして開いていくそうです。好きな松ぼっくりを選んでボンドをつけて色を乗せていきます。参加していたのは3歳の女の子。お店の方と「何色が好き?」なんて話しながら、楽しく作っていました。ちゃんと木の台につけられているのでお家でも飾っておけますね。

004

これは銅板を叩いてスプーンを作るワークショップ。長野県の「ブリキや彰三」さんで行われていたワークショップです。小さなスプーンからカレーなどに使えるスプーンなど、それぞれの形に切り取られた銅板を選んで木槌や金槌で叩いていきます。小さい子にはちょっと難しそうだけれど、そういうお子さんはお父さんやお母さんと一緒に叩いていて、お父さんやお母さんが楽しそう。木槌で板に形を付けたら、次は金槌で叩きます。力加減によって見えてくる槌目の雰囲気が変わります。強かったり弱かったり、少しずつ増えていく槌目は自分にしかできない完全オリジナル。なんだかとっても味があります。名前と年齢を刻印したら仕上げはプロにお任せ。毎年作りに来る人もいるんだそうです。数字を入れておくと何歳の時に作ったのかわかるので、あの時は…なんて思い出のコレクションになりますね。出来上がった銅のスプーンは槌目の力強い雰囲気とは違いとっても滑らかで気持ちの良い使い心地でした。

006

他にも革に名前や好きな模様を刻印してキーホルダーになったり、ペットボトルを使った風車、キャンドルやアクセサリーなどなど、子供達を中心にたくんの方が楽しんでいましたよ。小さい子に付き添っているお父さんやお母さんの方が楽しそうだったりしてね、とっても微笑ましかったです。飲食店やお買い物だけではなく、お子さんと一緒に出掛けて楽しんでみるのはいかがでしょうか?大きなお子さんだったらワークショップで楽しんでもらっている間にお買い物も出来ちゃいそうです。

今年は大型台風の影響もあって2日目はステージでの公演やワークショップが中止になってしまったり、出店を中止する作家さんもいたりしましたが(それでも2日目は50店の出店があり3,000人の来場があったそうです!)、来ているお客さんはどの方も楽しそうに各店舗をまわっていました。益子と言えば陶器ですが、いろいろなジャンルのお気に入りに出会えるのは全国各地から作家さんが集まるイベント「益子さんぽ市」ならでは。素敵な作品、たくさんありました。

007

005

作家さんとお話ししながら、その作品に込められた思いを聞くとますます愛着が湧いちゃうんですよね。そんな私も、使うたびに、見るたびに、お店の方としたおしゃべりも思い出して、モノとしてだけでなく思い出も詰まった一品になりました。

「益子さんぽ市」、実は去年も2日目、3日目は雨でした。今年の3日目は台風一過で暑いくらいのお天気でしたが、やっぱり晴れた秋空の下でのイベントが気持ちいいですね。来年は記念すべき10回目。3日間ともいいお天気で開催されるといいなぁと願っています。

008


【益子さんぽ市の情報】
益子さんぽ市 ホームページ
http://sayado.net/
益子さんぽ市 Facebook
https://www.facebook.com/sanpoiti/

2017年9月16日(土)~18日(月・祝)※雨天決行
10時~16時30分(最終日は16時まで)
場所:陶芸メッセ大駐車場
益子焼窯元共販センター北側駐車場
(益子町益子706-2)
※駐車場は無料
主催:益子さんぽ市実行委員会

2018年の開催は9月15日(土)~17日(月)の予定とのことです。

投稿日:2017/09/20 カテゴリー:こんなとこましこ