益子舘

栃木本物の出会い
  • APAホテル
益子舘ニュース

この度、益子舘のロゴを刷新することとなりました。


mashiko_rogoy

この度、益子舘のロゴを刷新することとなりました。新しいロゴでは、里山に流れるゆったりした時間を表現致しました。

1)「時間の流れを感じる」をコンセプトに、漢字に動きや流れをつけることで、時間の趣・味わいを表現しています。
2)ハートの記号は「心」を表しています。「心」=「益子舘の心の通ったおもてなし」を意味します。
3)のびやかな曲線は田園風景や川の流れの様でもあり、益子の豊かな自然を表わし、末永く受け継がれていく未来への願いとなっています。
4)派手でなく、かと言って地味では決してなく、懐かしさを感じながら、洗練されたデザインを目指しました。

明るく、そして優しい、なによりもぬくもりを感じられるロゴになったと自負しております。またローマ字表記は系列店のサンシャイン鬼怒川と栂の木のロゴと同じ書体を使用し、先代の会長の功績を称え事業承継した3つのホテルを結ぶ役割(縁)を果たしています。社員一同、新しいロゴタイプの元でお客様皆様にご満足していただけるよう、業務に邁進する所存でございます。
今後とも益子舘をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

女将 高橋美江

mashiko_rogot

投稿日:2016/12/24 カテゴリー:益子舘ニュース