益子舘

栃木本物の出会い
  • APAホテル
益子舘ニュース

前・土祭(マエ・ヒジサイ)開催のご案内


2009年から始まった益子の土祭(ヒジサイ)。
3年に一度行われるこの「土祭」。次の開催は来年2018年を予定していますが、その前年にあたる今年2017年、益子・田野・七井の3地区でそれぞれ1日だけ「前・土祭」と称したお祭りが開催されます。
その第一日目が土祭の舞台となるここ益子で行われます。


前・土祭リーフレット-表-裏縮小

土祭とは、2005年に作られた「ましこ再生計画」にもとづいて企画されました。総合プロデューサー故・馬場浩史さんによる「窯業と農業の町として、足元の土を<命を循環させるすべての原点>として捉え直し、感謝をし、そこから新しい暮らしのあり方を見出していこう」という主題のもと、2009年9月に第一回土祭が開催されました。古代の土や泥の呼び方のひとつ「ヒジ・ヒヂ」を用いて「土祭(ヒジサイ)」という名前が生まれたとのことです。開催は「新月」から「満月」まで。月の満ち欠けをもとに祭事や農業を行い暮らしを営んだ時代の、人々の知恵と暮らしの豊かさにもう一度思いをはせるために、この期間での開催になりました。(土祭 http://hijisai.jp/より)

その土祭を来年に控えた今年、「前・土祭」として9月30日・10月1日・10月14日に益子地区・田野地区・七井地区にてそれぞれ一日ずつのお祭りが開催されます。その初日となるのが益子地区。9月30日(土)10:00~20:00の開催となります。益子地区での「前・土祭」は「土祭市場」として、益子で採れた野菜や果物、加工品やパン、焼き菓子などを販売がおこなわれたり、園児・小学生対象の土を使ったワークショップ、お囃子団体の演奏や、益子で採れたものを用いてつくられたメニューが益子焼の器で提供される「夕焼けバー」が開催されます。

益子の風土、先人の知恵に感謝し、この町で暮らす幸せと意味をわかちあい、未来につなぐ」という主題をもった益子の土祭。益子の各地区でアート展示やさまざまな企画が行われる土祭本番は来年ですが、そのまえに陶器市とはまた違う益子という町と文化を感じるチャンス。ぜひぜひ、足を運んで体感してみてください。

前・土祭リーフレット-裏表紙縮小

「前・土祭」
益子地区 9月30日(土)10:00~20:00|会場:土祭広場・土舞台


○土祭市場 10:00~14:00
益子で採れた野菜や果物、加工品やパン、焼き菓子などを販売します。
○ワークショップ 10:00~16:00
・土祭旗づくり:来年の土祭で使用する旗を泥染めで作れます(無料・園児対象)。
・ミニ土人形づくり:町内各地に展示する土人形を作れます(無料・小学生対象)。
・光る泥団子づくり:益子地区の土を使った泥団子が作れます(有料・予約可)。
○演奏会 第1部 10:00~12:00 第2部 15:00~19:30
第1部では園児たちの演奏、第2部では益子地区のお囃子団体や太々神楽の演奏を行います。ラストステージには「天人疾風の会」が演奏を行います。
○夕焼けバー 15:00~20:00(19:30ラストオーダー)
益子で採れたものを用いてつくられたメニューを益子焼の器で提供します。演奏会を楽しみながら飲み語らいましょう。

お問い合わせ|益子町産業建設部観光商工課土祭事務局
TEL:0285-72-8873 平日8:30-17:15 E-mail:info@hijisai.jp
ホームページ:http://hijisai.jp/

投稿日:2017/09/04 カテゴリー:益子舘ニュース