益子舘

栃木本物の出会い
  • APAホテル
益子舘ニュース

こどももおとなもSLの旅!


蒸気機関車で益子へ! こどももおとなも楽しいSLの旅!

益子舘の最寄り駅「益子駅」は真岡鉄道が走ります。
この真岡鉄道は毎週SLを運行していることをご存知ですか?

mpc4-27%e9%9b%aa%e3%81%ae%e5%b0%8f%e8%b2%9d%e5%b7%9d%e3%81%a8sl
益子駅を通る真岡鉄道では、下館(しもだて)駅と茂木(もてぎ)駅の間で土日祝に一日一往復、SLを運行しています。
下館駅から益子駅までSLに乗って約1時間。
通常の電車ではなく、蒸気機関車に乗って益子を訪れてみてはいかがでしょうか?

真岡鉄道を走る蒸気機関車は昭和21年製造の「SLもおかC11325」と昭和8年製造の「SLもおかC1266」の2台。
普段の車両はもちろん新幹線や車とは一味ちがう、ワクワク楽しい体験ができますよ。

年末の運行状況は下記のようになっています。
12月は、23日(金)・24日(土)・25日(日)
2017年1月は、7日(土)・8日(日)・9日(月)・14日(土)
15日(日)・21日(土)・22日(日)・28日(土)・29日(日)の運行です。
下館発茂木行(下り)は、益子11:30ごろ着
茂木発下館行(上り)は、益子15:00ごろ着

益子を訪れた際は、益子駅に到着する時間にあわせて見に行くのもいいですね。
当ホテル益子舘からは、益子駅へお車で10分程度・徒歩で40分程度です。

詳しくは真岡鉄道ホームページで
http://www.moka-railway.co.jp/

投稿日:2016/12/21 カテゴリー:益子舘ニュース

“栃木の一流2017”、“男の隠れ家”に益子舘が掲載されました


img_2698img_2699img_2700

栃木の一流2017”(いちご広告社刊)、

男の隠れ家”(1月号 三エ栄書房)

に益子舘を掲載していただきました。

それぞれ『一流』、『隠れ家』?の名に

恥じぬよう、スタッフ一同精進する所存です。

是非ご覧くださいませ。

投稿日:2016/12/12 カテゴリー:益子舘ニュース

「本物の出会い栃木」パスポート


tochigi_deai
栃木県内の観光施設、宿泊施設、飲食店等で「のぼり」や「ステッカー」を見たことはありますか?「本物の出会い栃木」のマークがある施設であるものを見せると(予約時にその旨を伝える)と様々な「おもてなし」を受けられるんです。

その「あるもの」というのがこちら。

%e3%83%91%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88
「本物の出逢い 栃木パスポート」です。

こちらのパスポートは栃木県観光交流課内「本物の出会い 栃木」観光キャンペーン推進協議会が発行しているパスポート。ページをめくると…

 

「栃木県には豊かな自然、食、歴史・文化など本当にいいもの、つまり“本物”を守り、創り出し続ける素晴らしい“人”たちがいます。栃木県では、こうした“本物”や“人”との出会いを通じ、感動、共感できる「本物の出会い」が待っています。このパスポートを使って、自分だけの「本物の出会い」を見つける“とちぎ旅”を存分にお楽しみください」とのメッセージが。

 

また、中にはスタンプが押せるようになっているページがあり、栃木県内の「おもてなし施設」でこのパスポートを提示すると、所持者本人に限り、各種割引やプレゼントなどの“おもてなし”が受けられ、さらに、スタンプを6個以上、などの条件をクリアするとステージアップとともに栃木県内のテーマパーク入場券や県産品グルメ詰め合わせセットが当たる商品に応募することができるのです!

実は、益子舘 里山リゾートホテルも「おもてなし施設」の一員なんです!

益子舘のおもてなしは「宿泊のお客様に益子焼の湯のみ1人1個プレゼント(大人のみ)」です。時期によりデザイン等は変わりますが、益子焼の湯のみをプレゼントさせていただいています。

予約時に「栃木パスポート」ご使用の旨をお伝えください。
そして宿泊当日には忘れずにパスポートをお持ちくださいね。

益子舘のある益子町内でも様々な施設で粗品などのプレゼントやドリンクサービス、お買い物割引などの「おもてなし」が受けられます。
(「おもてなし施設」案内は”本物の出会い栃木パスポートのホームページでご欄いただけます。)

栃木、また益子を旅する際には、パスポート発行所でパスポートを受け取って、お出かけください!

 

【パスポートの発行】
栃木県内の観光施設、道の駅、サービスエリア、観光案内所などで、パスポートが手に入ります。益子駅でも発行しています。パスポートが利用できる「おもてなし施設」や交通アクセスなどが掲載された「本物の出会い 栃木パスポートガイドブック」も同時に発行されます。なんとパスポートは東京スカイツリータウン®ソラマチ内の栃木県アンテナショップ「とちまるショップ」でも発行しているそうです。

また、先日お知らせした「日下田正とエセル・メーレ展」が行われている「益子陶芸美術館」でもパスポートを発行しています。益子陶芸美術館では入場料が100円引きという”おもてなし”が受けられますよ。

【パスポートについてのお問合せ】
本物の出会い 栃木パスポート事務局
〒320-0033 栃木県宇都宮市本町3-9 本町合同ビル1階
(公社)栃木県観光物産協会
TEL:028-623-3213  MAIL kankou@tochigiji.or.jp
受付時間/平日9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

パスポートの詳しい紹介はこちらからどうぞ
http://tochigi-kankopassport.jp/
本物の出会い 栃木パスポートfacebook


益子舘の「おもてなし」については、益子舘まで直接ご連絡ください。
益子舘へのお問合わせ TEL:0120-72-7776(8:00~19:00受付)

旅、ちょっとしたお出かけの際には
是非、「本物の出会い栃木」パスポートを片手にお出かけください。
旅、お出かけに新しい色が加わりますよ。

投稿日:2016/12/12 カテゴリー:益子舘ニュース

「日下田正とエセル・メーレ」展のご案内


エセルに誘われて・・・ 日下田正とエセル・メーレ

2016年10月30日より陶芸メッセ・益子「益子陶芸美術館」にて行われている
「エセルに誘われて・・・ 日下田正とエセル・メーレ」展のご案内です。

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7
 

江戸時代寛政年間(1789-1801)から200年以上続く益子の紺屋を継いだ日下田正(1939-)は、東京で染織作家・柳悦孝(1911-2003)の内弟子として織を学んでいた時にエセル・メーレの著書『A Book on Vegetable Dyes』と出合い、この本をバイブルに染織に励んできました。

 

英国手織の母と呼ばれていたメーレ夫人が暮らしていた工芸村ディッチリングは、奇しくも1921年に益子の陶芸家であり人間国宝の濱田庄司が訪れ、メーレ夫人宅でE.B.フィッシュリー作のスリップウエアーで食事を堪能し、イギリスの伝統的なテーブルウエアーの魅力を知ったところでもあり、濱田が益子における工芸村構想を思いつく動機となった町です。

 

日下田はこのような史実を知り、ディッチリングに数回通ううちに英国との運命的な絆を強く感じるに至りました。

 
img_1882  

日下田の染織は天然染料と綿素材にこだわり、半生をかけて天然藍による染めと茶色の綿花を結実するブラウン・コットンの栽培に取り組んできました。茶綿はその年の気候に影響されて色味が毎年のように変化するといわれます。綿花は栽培される土地の影響を受けて固有の性質を持って育ち、益子ならではの染織作品が生まれます。

 

「エセルに誘われて 日下田正とエセル・メーレ」展では都会の雅な織物ではなく、益子の風土を深く滲ませた日下田正の染織作品約60 点を紹介しています。

 

–益子陶芸美術館ホームページより引用・追記–

 

益子陶芸美術館では初の布物展示となった今回。
ご報告が遅れましたが、オープニングセレモニーの際に
我が益子舘の女将も訪れてきましたよ。

img_1883

中央が日下田正氏。右が大塚町長、広田議長。左が岩崎県議、法師戸副町長です。

女将曰く、「あたたかみのある中にも迫力のあるとてもよい内容。
何度か足を運びたいと思います」とのことでした。

2016年12月4日(日)には「日下田正と巡る「アーティスト・ツアー」(要観覧券)が行われます。美術館内で日下田正氏ご本人による作品解説後、美術館から徒歩5分の紺屋日下田藍染工房の工房を見学できます。一度ご覧になった作品も、ご本人の解説でより深く楽しむことができるようになるかも。詳しくは美術館にお問い合わせください。

 

【エセルに誘われて・・・ 日下田正とエセル・メーレ】展

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7
開催場所:益子陶芸美術館(〒321-4217 栃木県芳賀郡益子町大字益子3021)
開催期間:2016年10月30日(日)-2017年1月29日(日)
休館日:月曜日(1月9日は開館)・12月25日~1月2日、1月10日
開館時間:9:30~16:00(入場15:30まで)

–詳しい内容・お問い合わせは–
益子陶芸美術館 電話:0285-72-7555
ホームページ http://mashiko-museum.jp/
入館料:大人600円・小中学校300円(20名以上の団体割引あり)
65歳以上は300円(要証明)

11月に降った珍しい雪は益子の町にも雪化粧をしていきました。
秋から冬へ、季節が移り変わるこの時期に益子の散策はいかがでしょうか?
街歩きで少し冷えた体は「益子舘」の大浴場で温めて日頃の疲れも癒してください。
里山の秋の味覚とともにお待ちしております。

益子陶芸美術館へは、「益子舘 里山リゾートホテル」よりお車で5分程度です。

投稿日:2016/11/25 カテゴリー:益子舘ニュース

12月の女将とShine’sのライブ演奏は日曜日とさせていただきます♫


CIMG1912

毎週土曜日恒例の女将とShine’sのライブ演奏は

忘年会シーズンの為、

12日曜日とさせていただきます♫

 

投稿日:2016/11/19 カテゴリー:Shines, 益子舘ニュース