益子舘

いちご王国
  • 日本のホテル・旅館100選
お部屋

窓を開ければ、さわやかな風と森のざわめきが、ふっと部屋のなかに入ってきます。

電気を消して夜空を見上げれば、大きな月と空いっぱいの星が、そっと部屋のなかを照らします。

里山あそびの拠点として、ゆっくりと流れる時間をお過ごしください。

「益子の森」×「益子の芸術」

アーティスティックルーム

2019年5月オープン。
「益子の森」×「益子の芸術」をコンセプトにしたアーティスティックルーム。
緑色を基調にした『朝靄 ASAMOYA』と、
赤色を基調にした『朱華 HANEZU』の2部屋は、
益子の森の「いきもの=植物」たちがこの土地の大地や水や空気から生命を受け育み、
嬉々として浮遊している様を存分に表現したお部屋です。お部屋の中でも、
森林浴をしているように、ゆっくりとお寛ぎください。

“森の中のアットホームなホテル”を益子舘のキャッチフレーズとし、様々と改装を進め、この度令和元年に合わせ、次世代型客室として若い世代の意見も取り入れながら改装を実施しました。

文化芸術の町益子に佇む旅館として、思い切った斬新なデザインを取り入れながらも、品格のあるアーティスティックルームとして生まれ変わりました。


【緑の客室】朝靄ASAMOYA

緑の風景より、朝に立ちこめるもや。霧よりも薄いものを指す。


【赤の客室】朱華HANEZU

赤紫の風景より、万葉集にも登場する奈良時代からの色名。

デザインモチーフ「いきもの=植物」

森のいきものたち-花や華、鳥、虫たち、ケモノの息吹き-が土や水と空気から生命をもらい「嬉々」として空へ浮遊しているさまを空間デザインのモチーフとしました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

「森のいきものたち」

あなたが益子の里山を散策するときに出会うのは、森のいきものたち。

歩き始めた道の足元は湿った土や乾いた土、そこを養分として陽や影に育つ樹木。

谷間からの湧き水がつくってきた川や沼地。

そしてその合間には数知れない花、華、はな。。。

あなたが往く道の足もとには名も知らぬきのこたちが頭(こうべ)を垂れている。

あなたの観察力が鋭ければ古くから歩かれてきたケモノの道もみつけられ、突然の小動物たちとの遭遇に驚き、今日はなんと幸運なのか!と新鮮な体験に喜んだのもつかの間、多くの虫たちから歓迎されるというやっかいごとに往く手をはばまれてしまう。。。。


地面に揺れる木漏れ日にうっとりしていて、ひばりやシジュウカラのさえずりにふと見上げた空がなんと高いことか!

盛りはいのちで満ちあふれているのだ。太古から変わらなく。

「益子の森」を訪ねたほんのひとときはあなたにとって忘れる事のない新鮮な体験をまたひとつ得ることとなるでしょう。


益子の森は今もあなたを待ちつづけています。

令和の時代のおとずれとともに、新しい息吹を得た客室をお楽しみいただけましたら嬉しく思います。


 

風のフロアー

里山を一望できる最上階の特別室

2012年9月にオープンした「風のフロアー」。
里山を一望できる最上階におしゃれなお部屋が全10室。
ゆったりとした空間で、益子舘に流れる「新しい風」を感じてください。
アメリカNo.1ブランド・シーリーのマットレスで快適な睡眠もお約束します。
※客室内は禁煙となります。

星の輝・虹の輝・空の輝・陽の輝

益子焼や檜の浴槽を独り占め

自然に抱かれたような優しい温もりの中でゆっくりと。
余裕のある大きさの益子焼や檜の浴槽を、
独り占めにしてお寛ぎください。
温まった後は、余韻に浸りながら、お部屋でのんびり。
里山の最高の贅沢です。
※露天風呂は温泉ではありません。※客室内は禁煙となります。

和洋室

畳でくつろぎお休みはベッドで

和室とツインベッドルームを備えたお部屋。
畳の上でゆったりくつろいで、ベッドでお休みいただけます。
バス・トイレ付きの、使い心地のよいお部屋です。
※客室内は禁煙となります。

和室

客室備品・アメニテイについて

テレビ、電話、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、洗浄機付トイレ、アイロン(貸出)、CDプレイヤ-(貸出)、加湿器(貸出)、浴衣、スリッパ、ボディーソープ、リンスインシャンプー、ハミガキセット、ブラシ、タオル、バスタオル