益子舘

いちご王国
  • 日本のホテル・旅館100選
スタッフブログ

新米スタッフSより。その10


おはようございます。新米スタッフSでございます。
残暑が厳しく、猛威をふるうこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は益子だけじゃなく、栃木全体のニュースから。
栃木では、いちごの生産を誇っている県で、なんといっても代表する品種は「とちおとめ」。
世にはいろんな品種が出回っていますが、日々新しい品種の開発にも力を入れております。

そんな中で先月、新品種となる栃木i37号にお名前が付きました。
その名も「とちあいか」です!✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

IMG_7339
(画像は下野新聞記事記事、栃木県HPより。)

i37-5
「とちあいか」の特徴は、
・酸味が少なく、際立つ甘さ
・ヘタ部分がくぼむハート型の切り口
・収穫始めが早く、収量も多い
・病気に強い、etc.

でございます。

出荷は今年の10月下旬からだそうで、
道の駅や直売所でお見掛けしたら皆様要チェックでございます!

投稿日:2020/08/30 カテゴリー:スタッフブログ